外壁塗装の支払方法

支払方法

外壁塗装の支払方法には力関係が現われるものです。

 

施主側としては作業完了後に支払いたいと考えるものです。

 

施工側はファイナンスの問題ですから基本的には確実にもらえるようにできるだけ早く回収したいと考えます。

 

結局、力関係が現われるのではないでしょうか。

 

支払方法は契約時に取り決めればよいと思います。

 

外壁塗装の支払方法は現金の完成後払いが多いです。

 

 

 

この場合の現金とは、振込みなどの銀行払いも含みます。

 

つまり基本は全額完成後払いです。

 

 

もし、作業開始前の全額支払いで割引があるとしてもそのような支払方法はおススメしません。

 

途中でトラブルが起こった時に弱い立場になるからです。

 

また、作業することもなく逃げられたりすることもありますのでご注意ください。

 

倒産する可能性だってあります。

 

まだ、お金を支払っていないと、トラブルがあった時にお金を支払い拒否できるので強い立場にいることができるのです。

 

ですから基本は完成後の一括払いですね。

 

 

その他にも契約時に契約金として見積もり総額の3分の一

 

着工時に着工金として総額の3分の一

 

工事完了後に最終金として総額の3分の一もあります。

 

また作業開始と完成後の2分割払いも交渉次第ではあります。

 

 

客側としては全額後払いが一番安心できる支払方法です。

 

ですが双方が対等の契約という観点から見れば 3分割や2分割の方が一般的です。

 

 

大きな金額の支払ですので振込にするのが便利だと思います。

 

それに相手の会社に振込むほうが安心です。